テーロス還魂記 気になるカードトップ5

大荒れのエルドレインの王権発売から気づけばもう4か月近くが経ちました。

トップレアたちがスタンダードのみならず相次いで禁止になっていく異様な時間は復帰して3年の自分にとってはある意味で楽しく、貴重な時間だったと思います。

数年後、「《王冠泥棒、オーコ》がスタンダードにいたときはな・・・?」みたいに語る日が来るのか来ないのか。

 

さて本題に戻りますとテーロス還魂記の印象は「なんかもっさり」です。

自分自身が旧テーロスのときにはやってなかったので思い入れがないのと灯争大戦やエルドレインの王権で感覚がマヒしてしまっているような気もします。

 

とはいえスタンダードやパイオニア、さらにはモダン以下の環境に影響を与えそうなカードもちらほらいるので非常に楽しみであります。

 

とは言いますが私自身はプライベートの関係でスタンダードはほぼ紙引退(アリーナのみ)、パイオニアをメインに行っており、さらに使用するカラーは基本「スゥルタイ」と制限を設けてプレイしております(そのほかに幾つかのコンボデッキを使用)

前回までもそのような方針ではありましたが今回はパイオニア制定後初のセットでもあり、さらにその傾向が強いカタチでのカード評価(カード購入)になっております。

さらに今回はトップ5他で上げさせていただくカードはすでに予約購入済または発売後購入予定のものに限ろうと思ってはおりますので宜しくお願いします。

 

前回のエルドレインの王権の記事はこちら

今見返してもさすがにカチカチなところしか選んでいないなという(個人的には面白くない)※内容は割愛

 

それではトップ5になります。※予約価格については晴れる屋価格となります

 

第5位《タッサの信託者》予約価格150円→200円

f:id:legendtamura0708:20200115172037j:plain

2マナ1/3&ETBで青信心に等しい枚数のカードをライブラリーの上から見て、1枚をトップに置いて残りをボトムへ。さらにその信心の数よりがライブラリーの枚数より多ければ特殊勝利という変わったマーフォーク・ウィザード。青信心の高いデッキで使えば序盤から中盤まで特殊勝利関係なく使い勝手がよさそうだなというのが評価ポイントですがやはり目指すは特殊勝利。

 

私自身もともとケシスコンボを使用していたこともありセルフLOデッキはパイオニアでも構築していましたが灯争大戦ジェイス以外にも勝ち筋が作れるのはかなりの強化になるかと思います。地味に値上がりつつある《水没した秘密》をうまく使った構築を探っていきたいと考えています。

 

さらにレガシー以下でも《パラダイムシフト》を使った1Killコンボが見つかっている模様。《パラダイムシフト》は現在在庫枯渇中。

f:id:legendtamura0708:20200115172127j:plain

詳しくはこちらの記事?にも書かれておりますがここから先どこかしらで5-0リストが登場するかもしれませんね。

 

海外で初動$2.49で手を出してしまいましたが話題になっている割には国内の値段も安く少し赤字になっています。4枚購入。

 

第4位《影槍》予約価格600円→700円

f:id:legendtamura0708:20200115172223j:plain

個人的には待望の1マナ伝説のアーティファクトです。はい、ケシスコンボです。

それを別にしても呪禁や破壊不能への対応手段というだけでかなり重要度は高いと思います。パイオニア的には徐々に数を増やしつつあった《魂剥ぎ》デッキに対してのメタカードにもなりそうです。

残念な点としては極めて名前がダサいこと。これはShadowspear(英語版)で揃えたいところです。

値段については少し高いと思ってますのでステイしてます。

 

 

第3位《自然の怒りのタイタン、ウーロ》予約価格4200円→4400円f:id:legendtamura0708:20200115150214j:plain

今回のトップレアであるシミックカラーのタイタン。3マナで場に出たときに3ライフゲイン1ドロー1土地設置を行いつつ脱出によるキャストでなければ生贄となるものの4マナ脱出5を行うことで6/6として何度も場に出ることができます。もちろん場に出たときに3ライフゲイン1ドロー1土地設置を行いますしなんと攻撃した際も3ライフゲイン1ドロー1土地設置を行(ry といった割と馬鹿げた能力となってます。

本当にここ最近のシミックはハイドロイド、オーコと続きかなり強化が進んでますね。

私自身はウーロをパイオニアのスゥルタイエレメンタル(浅瀬+ヤロク+ETB生物ミッドレンジ)にて試してみようと思っています。これについてはスタンダードでも使用可能なのでシミックタッチヤロクみたいな感じで作ってみても面白いかもです。

値段は最高値5500円ですが個人的には3500円くらいと思っています。海外でも初動$19.99でしたが今は$34.99くらいにまでなってます。海外でスタン用&パイオニア用で6枚購入しました。

 

第2位《悪夢の詩神、アショク》予約価格1700円→1900円f:id:legendtamura0708:20200115172301j:plain

毎度PWを選ばせていただくこの枠は今回はアショクです。青黒コントロールのフィニッシャーになりそうな5マナのPW。さすがに5ハゲこと《ドミナリアの英雄、テフェリー》には劣りますが、スタンダードで青黒系コントロールを使う上では申し分ないスペックと感じています。トークン生成能力と盤面に触れる能力は強いPWの条件を満たしています。

個人的にはアリーナを中心にパイオニアでも使っているスゥルタイコントロール(コンシード)のフィニッシャーにしても面白いと感じています。パイオニアだと《スカラベの神》や《奔流の機械巨人》との争いになりますが。

値段はもう少し下がると予想してステイしてます。1000円切らないかなという甘い考え。

 

第1位《死の飢えのタイタン、クロクサ》予約価格1700円→2200円f:id:legendtamura0708:20200115172348j:plain

今回一番気になっているのが《死の飢えのタイタン、クロクサ》

本来は4位くらいに考えていましたがここにきて一気に注目度を上げました。

能力はウーロに似ていますが2マナで場に出たときにハンデス1枚を強要し土地以外のカードを捨ててなければ3点ライフルーズし脱出によるキャストでなければ生贄となるものの4マナ脱出5を行うことで6/6として何度も場に出ることができます。もちろん場に出たときにハンデス1枚を強要し土地以外のカードを捨ててなければ3点ライフルーズし、攻撃した際もハンデス1枚を強要し土地以外のカードを捨ててなければ3点ライフルーズ(ry といった能力となってます。

 

個人的に注目しているのが「2マナ6/6のETB持ち」という部分です。

まず話題になった使い方が

①《万面相、ラザーヴ》で墓地のクロクサをコピーする

→スタンダード・パイオニアのグリクシスミッドレンジ

→ミッドレンジ型5Cケシスコンボ?

 

あとはそこまで話題になってはいませんが

②《祖神の使徒テシャール》+歴史的(モックスアンバー等)でクロクサを何度も再利用する

→ケシスコンボの新たなフィニッシュ手段

 

③《領事府の弩級艦》に2t目クロクサ搭乗させる

→パイオニアラクドスミッドレンジ

 

ざっと今考えているのがここら辺になります。

 

f:id:legendtamura0708:20170425134839j:plain

特に《領事府の弩級艦》についてはスタンダード時代からそのロマンを追いかけていたこともありかなり楽しみにしております。

 

 

 

ちなみにですが現在かなり安いなと感じているのが

番外編《灰のフェニックス》予約価格200円

f:id:legendtamura0708:20200115172948j:plain

 

1000枚買え!!!!!!!!!!!!!!!!!!($0.99で8枚買った)

 

ではまた。たむら

【週刊パイオニア禁止改定】第6号『さらば、オーコ~Nexus of Fate、Next of Hate.~』

大オーコ時代の終わり、それはつまり”パイオニアの始まり”。

ということで皆さんおはようございます。そしておめでとうございます。

憎き《王冠泥棒、オーコ》がとうとうパイオニアで禁止となりました。

今日はさぞかしうまい酒が飲めることでしょう。

 

とは言ってみたものの個人的には別にオーコいても、いなくてもどっちでもよくてオーコ使わざるを得ない環境であればオーコを使うだけの話だったのでどっちでもいいんですが(安値買い所有者の余裕)、やはり環境をより流動的かつ活性化させるためには彼の死は必要だっと感じます。あと、先々週に《密輸人の回転翼機》と《死者の原野》が逝った時点でこの運命は決まったようなものでした。

f:id:legendtamura0708:20191217092753p:plain

個人的ではありますが僕自身は《運命のきずな》がどさくさに紛れて一緒に逝ったことのほうが数倍おいしいというか今日のランチ何杯お替りしてしまうか不安です。

 

冗談はさておき禁止の危険性が高いとされていた2枚のカードが予定通り環境から姿を消したことでようやくパイオニアが本格始動したといっても過言ではないと思います。

ここから上位デッキはさらに完成度が上がるとともに、強いデッキやそのキーパーツには買いが集まり高騰していくと考えられます。買いそびれてるパーツは今週中にはどうにか用意したいと思います。

 

さて恒例の追討コメント。

 

《王冠泥棒、オーコ》

f:id:legendtamura0708:20190927124139p:plain

まぁ仕方ないと思います。禁止はもはや既定路線であり「いつ死ぬか」に皆の注目が集まっていたように感じます。競技勢的には年明けのGPに向けた本格的練習をするために「死ぬのか、生きるのかはっきりしてくれ」といった感じだったかと思いますがギリギリのラインで死ぬことが決定。

個人的には最初に申した通りで禁止にしなくてもいいなという意見ではありましたが、自分がメインで使おうとしてる【エスパー王神】を考えるとオーコがいない世界のほうがチャンスはありそうなので良い方向に進んだかなと。ただし、もう1つのメインデッキである【スゥルタイミッドレンジ】は見事オーコ3枚逝かれましたし《金のガチョウ》4枚の使用も考え直さなくてはと思ってます。

オーコが死んだことで《王神の贈り物》だったり《グレートヘンジ》のような大きな置物の使用価値が上がったり、《スカラベの神》などの無事にターンが帰ってきたらほぼ勝てるといったフィニッシャーの存在価値が上がると思ってます。

あとは環境に増えそうな【青白コントロール】に対して強そうなカードも相対的に価値が上がると踏んでます。《殺戮の暴君》あたりは思い出深いフィニッシャーなので使いたいですが《至高の評決》の波を潜り抜けられるの不安です。

 

《運命のきずな》

 

f:id:legendtamura0708:20191217092753p:plain

完全に私怨的なものですがこのカードのデザイン自体が好きでないためこの段階で禁止となったことに安堵すると共に驚いているといった状況です。ざっくりと使っている本人以外は不快でしかないカードだと思ってます。配信見てても面白くないですからね(瀬畑さん配信の場合は本人のトーク術でギリギリ耐え)

あとは《荒野の再生》デッキに関しては好きなのですがモダン含めてそのゴール的カードが《運命のきずな》に限られてしまうのもあんまり好きじゃなかったなと。このデッキ自体が姿を消すのか、新たなフィニッシャーを引っ提げて再登場するのか個人的には見ものです。

 

次回禁止改定は2020/1/6ということでひとまず今年度の『週刊パイオニア禁止改定』は終わりとなります。

ここからプロ含めて多くの方が年明けのGPに向けてデッキ構築し始めると思いますので非常に楽しみです。最後に自分が今所持しているデッキの今後と新たに試してみたいデッキについていくつか書置きしておきます。

 

メインデッキ

エスパー《王神の贈り物》

f:id:legendtamura0708:20191125122929j:plain

オーコがいなくなったことで王神の贈り物がかなりプレイアブル寄りになったと予想。たとえ弱くても4ターン目に《復元》《王神の贈り物》《発明の天使》が決まった時の爽快感は異常なのでこの先も使っていくことでしょう。

 

・スゥルタイミッドレンジ

f:id:legendtamura0708:20170626164302j:plain

逆にオーコが禁止されたことで大幅なパワーダウン。ガチョウ含めると7枚の枠を使ってアグロ寄りにするのかコントロール寄りにするのか悩みどころ。とりあえず最初は《金のガチョウ》から2ターン目の《最後の望み、リリアナ》or《正気泥棒》を狙った形で遊んでみることに。《スカラベの神》が使いたいんよ。

 

・黒緑《巻きつき蛇》

f:id:legendtamura0708:20190724122607j:plain

思った以上に勝ててないデッキだなという印象。自分自身も《巻きつき蛇》は復帰を決意させてくれたカードなので使いたいのですがあんまりデッキ自体に気持ちが乗らないという。中盤からの息切れが正確に合わないのでここらへんをうまく改善できる形に持っていきたい(アグロ要素は薄まる)。

 

カジュアルデッキ

・青単サイストーム

f:id:legendtamura0708:20180713100542j:plain

一度はスタンダード環境を支配したくらい完成度は高いのでどこかで一回試してみたいところ。こちらについてもオーコが消えたことでデッキ自体の相対的な強さは上がっているはず。

 

・青単ケシスコンボ

f:id:legendtamura0708:20180924173847j:plain

ニッサの誓い》禁止により従来の4Cではなく《精励された発掘者》に《水没した秘密》も搭載して青単&歴史的でまとめた形。ケシスについては《航海士のコンパス》などから色を捻出して唱える。とにかく一人回しは楽しい。カード8枚くらい足りていないので追加の強化パーツが待たれるところ。

 

・スゥルタイ《王神の贈り物》

f:id:legendtamura0708:20180116101349j:plain

こちらは《来世の門》型で墓地肥やし、ETB能力持ちを詰め込んだデッキ。土地の在庫が足りずまだ試せてはいない。

 

・《創案の火》デッキ

f:id:legendtamura0708:20170620193956j:plain

何もアイデアは浮かんでないけどプレイアブルなカードも創案の火なら可能にしてくれそうな気がしてる。

 

こんなかんじでパイオニアを楽しもうと思ってます。それではまた。たむら 

【週刊パイオニア禁止改定】第5号『むかしむかし、あるところに死者の原野と密輸人の回転翼機というパワーカードがあったそうな』

おはようございます。パイオニア大好きの僕です。

MOPTQ週間を終え、ウィザーズがパイオニア禁止改定にひさびさの本気を出してきました。2週間も溜めたもんだから本当に濃厚なもんがドバっと出てきましたね。

 

ここ数週間のメタ変遷だと

 

緑単信心原野関連→黒単アグロ→シミックフード

 

みたいな感じで禁止せずともなんとなくメタが回ってる感じもありましたが上位メタすべてからキーカードを1枚ずつ禁止にしてパワーを抑えようというカタチに(原野に関しては即死ですが)。

今回の3枚に関しては元々スタンダードで禁止されるようなパワーカードなのでむしろ禁止にならない理由がないとも思ってましたが個人的にもう少し静観するのかと思っていただけに驚きました。

 

この禁止改定からウィザーズとしては

「元禁止カードを核としたデッキによるメタゲーム(デッキパワー)は良しとしない」

という方針が透けて見えたような気がします。

いちおうテスト的にパイオニアは一旦は(ほぼ)禁止なしで始まりましたが元禁止カードに関しては

・フェッチランドがないことによるカードパワーの低下

・対策カードによるカードパワーの抑制

が働いてない場合は禁止されていく方向だとみて間違いないと感じます。

 

さてそれでは今回禁止になった3枚の追討を始めます

 

まずは

《むかしむかし》

f:id:legendtamura0708:20191119113620p:plain

このカードに関してはいつ禁止になるんだという気がしていましたが割と早めの決断が下されたようです。色さえ合えば4枚積みからデッキ構築が始まり、その他のカードの選択肢を無にしつつ、特に緑系のデッキの安定感を強固なものにしていました。さらに色が合わずともデッキに入ってるリストなどもありさすがにヤバイなと思ったのが決定的だったかなと感じます。

ここから先ですが緑系の序盤の安定感は少し落ちることとなるかと思いますがラノエルから始まるムーブは環境随一なので今後も緑単信心とかは見かけることになると思います。さすがに《ニクスの祭殿、ニクソス》の禁止はないと思いたいですが。

f:id:legendtamura0708:20191203114119j:plain

ところでジェネリックむかしむかしと言われる《冒険の衝動》は果たして使われるのでしょうか?

 

続いて

《死者の原野》

 

f:id:legendtamura0708:20190705124354p:plain

このカードに関しては仕方ないとはいえ個人的に残念だなと思っています。モダン以下でもヴァラクートなり土地コンボデッキは存在しているわけでやりようによってはうまくメタの中で共存できるような気がしていました。ただパイオニアのカード範囲だとうまく抑制できる手段がなかったのかなという。

f:id:legendtamura0708:20170629170652j:plain

あと《死者の原野》のみならず《約束の刻》というカードを破滅の刻発売前から注目していたこともあり今回ようやく使えると思ってかなり期待していたのでその点からも残念です。また細々と砂漠を並べてゾンビ2体作るしかないそうです。

カード資産的にはスタンダードで禁止になる前にすべて手放してしまっており、逆にその後パイオニア用に買おうと考えていましたが想像以上に高騰してしまったため買えず耐え。てか禁止になってから値段騰がるカードとか普通ありえないでしょ。苦笑

 

最後に

《密輸人の回転翼機

f:id:legendtamura0708:20191203112935p:plain

 今回一番驚きだったのがこのカード。元禁止カードであり、カードパワーは極めて高く、現環境でアグロがかなり隆盛している要因の一つであるので禁止候補なのには全く異論はないですが、このカードが禁止になることでのアグロデッキの減退や来週禁止ほぼ確定の彼の抑制が働いていたという話もあるため非常に不安が大きいです。

黒単アグロはさすがにコプター失ったら今のカタチでの存続は難しいでしょうから黒単信心型になるのか吸血鬼やゾンビによる部族型になるのか。ある意味楽しみであります。

カラデシュのスタン落ち後にモダンのブルースティール用に4枚1600円で買ってましたが結局パイオニアでは使うことができずにお別れすることに。大会参加するかは不明ですが今後はまたモダンのブルースティールで使ってあげたいと思います。

 

そんな感じで第5回目の禁止改定を終えましたが、どこかで禁止改定のドキドキを楽しみにしてしまっている自分がいるのも嘘ではないという・・・さて果たして来週はどうなることか。

 

次回予告

やめて!ウィザーズの特殊能力で、オウカンドロ・ボウ・オーコを焼き払われたら、鹿のゲームで勝ちまくっているシミックフードの精神まで燃え尽きちゃう!

お願い、死なないでオーコ!あんたが今ここで倒れたら、PTQやGP名古屋のデッキ選択はどうなっちゃうの? 可能性はまだ残ってる。ここを耐えれば、禁止改定から逃れられるんだから!

 

次回、「オーコ死す」。デュエルスタンバイ!

 

【週刊パイオニア禁止改定】第4号『黒単の隆盛、果たして』

イオニア禁止改定4週目となりましたが今週も禁止も特になしでした。

公式の記事はこちら

mtg-jp.com

 

今週からMOがパイオニアウィークとなりいくつかのPTQが開催される兼ね合いから、事前に「今週は禁止はないと思うよ、たぶん」みたいなことが公式から宣言されてましたがひとまずは上記の通りなしと。

 

最初の勢いからトップメタは毎週何らかの制裁を加えられてどんどんカードパワーが抑えられて(クソローグデッキが楽しい環境になる)のかと思いきやそんなことはなくウィザーズとしてもできる限りパイオニアではスタンダードで禁止になってしまったカードたちも極力使って楽しめるような環境を作っていきたいのではないかと思うようになってきました。

 

さて先週からの1週間のパイオニア環境としては

f:id:legendtamura0708:20171106183628j:plain

まず11/17に行われたパイオニアのMOチャレンジでトップ8中5つが黒単のアグロデッキ。

11/23 自分も参加したパイオニア神決定戦では優勝は【シミックフード】ながらトップ8に4つの黒単アグロが残るなどかなり黒単が隆盛しております。

www.izzetmtgnews.com

 

毎週トップメタが変わっているような気もして割と健全なのかと感じてますが果たしてどうなのでしょうか。

当初は圧倒的なカードパワーを誇ると思われたスゥルタイ系のミッドレンジや青白系のコントロールがいまいち勝ちあがれてないのが気がかりではありますがこのまま禁止もなく年末を迎えられれば何よりと思う次第です。

 

とりあえず来週の禁止候補を書いておきます。

 

《むかしむかし》

《王冠泥棒、オーコ》

この2種については直近のスタンダードで禁止されたこともあり環境で使用率が高くなれば即座に禁止になる可能性。特に《むかしむかし》に関しては何にでも入る恐れがあるので注意かと。

 

《密輸人の回転翼機

禁止してしまうとアグロデッキが一気に衰退してしまうことから禁止されることはひとまずないと思いますが黒単の隆盛が想定以上となれば禁止になるかと。他に選択しないしね。まさか《思考囲い》禁止はないよね。

 

《運命のきずな》

圧倒的私怨。

 

ではまた来週。たむら

【パイオニア】11/23晴れる屋第一回パイオニア神挑戦者決定戦に参加してきましたwithエスパー王神の贈り物

どうも最近更新回数が増えておりますがこれもすべてパイオニアが楽しすぎる影響です。

先週末は突然嫁が実家帰省することになり「遊んできていいよ」というビッグチャンスを手にしたので思い切って晴れる屋で開催された第一回パイオニア神挑戦者決定戦に参加してきました。もちろんMOはやってませんので完全に初回しです。

 

いちおう夜な夜な趣味のデッキ構築をやっていたこともあり先週初めの時点で以下の5つの選択肢がある状況でした。

 

・黒緑《巻きつき蛇》・・・鋼の監視者型をやめ、《生皮収集家》と《実験体》を加えた形。リストはすでに公になっているものに近く完成度は一番ながら、このデッキ特有の中盤からの息切れがどうしても気になりあまり乗り気ではない(息切れする前に押し切るデッキなので当然のことである)

 

・スゥルタイミッドレンジ・・・《スカラベの神》を使いたいという思いと《王冠泥棒、オーコ》がヤバイという思いが融合したデッキ。カードパワー的には断トツで一番ながら大味な構成なためまだまだ途中段階感が否めず。最近は以下のコンボデッキ調整が楽しすぎるためあんまり触っていない。

 

・青単ケシスコンボ・・・オリジナル。《ニッサの誓い》を失ったためスタンダード時代の形ではなく《精励された発掘者》に加えて《水没した秘密》を利用し、青・歴史的呪文で妨害しつつ土地を肥やしてフィルターから出したマナでケシスを唱えてLOを目指す。回れば楽しい。回れば。

 

・青単サイストーム・・・《主任技師》を加えることでコンボターンが少し早くなりつつある期待の星。こちらも回れば楽しい。ケシスコンボよりは完成度高いがいきなり大型大会に持ち込む勇気はない。

 

エスパー王神・・・先週頭に突然と電波を捕らえて作り出したデッキ。ベースはスタンダード期の青白王神であるがそこに環境きっての有力カードの多い黒を足した欲張りプラン。4ターン目に《復元》《王神の贈り物》《発明の天使》が決まると実質キ〇セク。

 

 

さすがに蛇か王神が無難かなということで王神の調整をしつつ蛇も一人回しする1週間を過ごし最終的にはエスパー王神のほうが幸福度が高いということで前日に決定。ギリギリまでメイン数枚とサイドに悩みましたが結局悩んでも仕方ないくらいにパイオニアの環境は雑多。

f:id:legendtamura0708:20191125122929j:plain

 

以下が登録したリストの画像です。

f:id:legendtamura0708:20191125124027p:plain

f:id:legendtamura0708:20191125124054p:plain

基本的には

《縫い師への供給者》→《航路の作成》→《機知の勇者》のラインで墓地を肥やしていくのが理想。そこから4ターン目に《復元》→《王神の贈り物》のコンボを狙っていくのがゴール。その中で3ターン目に《時を解す者、テフェリー》が場に残れば安心安全にコンボが決まるねって感じです。

 

変わってる点をいくつか

《査問長官》はスタンダード時からまったく好きなカードではなく少しずつ枚数が減っていき最終的に0に。一人回ししている段階で縫い師他でなんとか耐えれる気がしたのでこの判断になりました。

《ヴリンの神童ジェイス》は《査問長官》の代わりですが特に納得していないもののサイド後にスペルを大量追加して後ろに寄った構築に変わったときに活きてくるかなと思って採用。除去の的になるかなとは思ってましたが案の定除去が集中しました。

《ボーラスの城塞》はおしゃれポイント。《復元》から吊り上げられる当たりの追加枠。王神デッキ自体が「墓地こやす」「肉落とす」「王神落とす」「復元ひく」を同時にこなさなければならず「4t目に復元あるけれど墓地に肉または王神がない」という状況も多々ありそういったときに城塞を釣り上げられるとかなりプレッシャーにつながるかなと。これについては追って記載しますがかなり満足いってます。

《霊気拠点》は単純に《査問長官》のなごりなのと《マナの合流点》を持ってないからです。←

 

 

さて当日の成績ですが1-3(ドロップ)

ですがこれについては自分のプレイが極めて酷かったことによるミス負けが大きく影響し、デッキ自体はかなりポテンシャルが高く、今後メタに顔出せるくらいにポテンシャルを感じました(ということで今回ブログに書くことに)

 

ざっくり戦評

R1 イゼットフェニックス 1-2 〇××

G1は相手に《削剥》がないようで早い段階で《復元》《王神の贈り物》が決まり天使を重ねて勝ち。

G2は割と押し返した状況でこちら6マナでテフェリー着地、相手墓地に1枚の《孤光のフェニックス》がある状況で《漂流自我》を打てばいいものの何を思ったか別の選択をする。次ターンに2枚になった不死鳥が帰ってきてそこから負け。漂流自我打ってれば間違いなく勝ってた。

G3はもう失った流れは取り戻せず《氷の中の存在》をさばけずに裏返って負け。

 

R2 イゼットフェニックス 0-2

まったくドローと墓地肥やしが噛み合わずにあっさり連敗。

 

R3 グリクシスボーラス 2-1 〇×〇

G1は王神が2枚場に定着して勝ち。王神1枚目でジェイス指定、2枚目の誘発時にジェイス起動で天使落として、天使吊り上げる。ジェイス君はじめて仕事する。

G2はかなり長引いてしまい盤面にボーラス×2と神童ジェイス裏面が並んで残り8分。G3に賭けて投了。

G3でぶん回って勝ち。復元、王神、思考囲いがすべて噛み合う。

 

R4 マルドゥ《巨像の鎚》0-2(松田幸雄さん)

コンボデッキ対決でお互いほぼ噛み合わずに進むも突然死を二度お見舞いされて負け。

特筆すべき内容はないものの松田さんにデッキを面白がってもらえて(特に《復元》から《ボーラスの城塞》を釣り上げるプラン)、対戦後に長めにピロートーク。お世辞にも「エスパー王神作ってみたい」と言ってもらえたので是非尊敬するデッキビルダーの一人としてこのデッキをネクストレベルにしてくださることに期待してます。

 

てな感じで元々3敗したらドロップと決めていたので終了しました。

その後は友人が来ていたので軽く飲みに行って解散。

 

 

所感と今後の変更点

メインボード

 《ヴリンの神童ジェイス》2枚を変更

パワーカードではあるもの基本的に即除去の的になりルーティングできないことが多々あることがこのデッキのコンセプトを遂行できないことに繋がる。

→《マーフォークの秘守り》2枚

青1マナで確実に4枚掘れる点、アグロに対して壁になれる点、釣り上げてもひとまず4/4でアタックできる点は評価。追って記載するがサイドで《湖での水難》をより強く使えるシナジーがあるためここはこれで一旦固定しそう。

 

スカラベの神》1枚を変更

このデッキの発端ともなったパワーカードだが一回も仕事できず。相手が悪かった可能性もあるためサイドなら存在感を発揮できたかもしれないが今回は一旦外す。

→《残忍な騎士》2枚目

まだテスト段階ではあるがメインからの大物orPW除去枠。さらに山札から墓地に落ちても吊り上げれば4/4絆魂として使用できる点は評価。

 

《拘留代理人》1枚をサイドに移動

悪くはなかったもののメインからは不要だったので一旦サイド2枚に。

→《激変の機械巨人》1枚

メインの全除去枠および復元の釣り先。復元はあるが釣るものがないという状況の緩和となるか。

 

《ボーラスの城塞》高評価

場に出たときの制圧感は強くこのカードで勝利まで捲れたこともあるので引続き試したい。パーマネント10個うんちゃらはインクの染み。

 

《人質取り》やや評価

今回は使いどころはなかったものの低マナ域のパワーカードが多くなるパイオニアではスタンダード以上に脅威となるかと予想。《裏切りの工作員》という選択肢もなくはないが素出しが厳しいデッキなので一旦保留。

 

サイドボード

高評価

《軍団の最期》1枚

手札に来たら何かしら相手の有効牌を追放してくれたのでかなり高評価。もう少しアグロが多くなるなら《拘留代理人》をこちらに変えたい。

《強迫》2枚

やるべきことはしっかりと仕事してくれたので感謝。《思考囲い》4枚でなくてもいいなと思う。

《漂流自我》1枚

イゼットフェニックス相手にしっかりと仕事してくれたので評価。使い手が問題。

 

やや評価

《黎明をもたらすもの、ライラ》1枚

場に出たとき威圧感はすごいもののそれ以上でもそれ以下でもなく。赤対策。

《墓掘りの檻》1枚

イゼフェニ相手で場に出すも大体《漂流自我》で不死鳥消えるか、《削剥》で割られるためあんまり効果を実感できず。自分のプランを壊さない墓地対策なので採用。

《ケイヤの怒り》1枚

あまり活躍できず。マナ拘束が強いので《衰滅》に一旦変更予定。

 

出番なし

《最後の望み、リリアナ》緑単信心、黒単アグロ対策。一旦1枚に減らす。

《荒廃甲虫》緑単信心対策

《害悪な掌握》シミックフード、3マナPW対策

《拘留代理人》原野、トークンデッキ対策

《オルゾフの簒奪者、ケイヤ》硬化した鱗、1マナファクト対策

《リリアナの勝利》呪禁フィニッシャー対策。《大災厄》にしたいかも。

 

今後試してみたい

《湖での水難》

カウンターおよび除去。序盤打てないかと思いきや《マーフォークの秘守り》がいることで2ターン目から使用可能な場合も見えてくるので試してみたい。

(サイド後は基本的にこちらの墓地は死ぬつもりで立ち回りたいため)

 

そんな感じです。

次パイオニアの大会に参加できるのがいつになるかわかりませんがまたエスパー王神使ってしまう気がします。

とにかくわかったことは。

 

イオニアクソ楽しい

 

ってことでした。

ではまたパイオニア禁止改定で。たむら

 

 

 

 

 

 

【週刊パイオニア禁止改定】第3号『さらば、食欲の秋。スタンダードでオーコ禁止によるパイオニアへの影響』

さらば、食欲の秋。

 

ということで11月も中旬になりまして朝夜は肌寒く感じるようになってきました。

そして、完全に冷え切っていたスタンダードでもとうとう《王冠泥棒、オーコ》が禁止となりまして環境はガラッと変わることになりそうです。

 

週刊パイオニア禁止改定と銘打って始めたので「パイオニア今週は禁止なし」ということで特に書くつもりもなかったのですがなんとなく今後のスタンダードおよびパイオニアについて自分はどう思ってて、どうしたいか(死ぬ前に?)書き残しておこうと思ったのでさらっと更新することにしました。

 

あっ、イオニアは今週は禁止なしです(さらっと繰り返す)

 

 

まずはスタンダードで禁止になったカード3種。

※ちなみにレガシーで禁止になった《レンと6番》、ヴィンテージで制限になった《覆いを割く者、ナーセット》については触れません。見識ないのと興味ないんで。←

 

まずは

《王冠泥棒、オーコ》

f:id:legendtamura0708:20190927124139p:plain

さすがにPTで70%もの人に使われたアーキタイプとなれば禁止になるしかありませんよね。新弾のトップレアということでWotCもギリギリまで他の手段で対応して残そうとは思ったでしょうがさすがに『ホガークの二の舞』になるのはわかりきっていたのでこれに関しては英断だと思います。自分としてはモダン、レガシー共に一斉に皆の記憶から消し去る可能性も無きにしも非ずと思っていたのでとりあえずスタンダードだけ禁止ということで売ってしまった4枚目を買い戻そうか考えています。ただ今回の禁止改定内容だと今が底値な気がしてあとはショップとプレイヤーの我慢比べになりそう。3500円以下でほしいけど4000円以下からはなかなか在庫見つけられなさそうかなと。

ちなみにパイオニアではスゥタイミッドでガンガン使用する予定なのですが、パイオニアに関しては常に禁止と隣り合わせだと思っております。さすがにモダンやレガシーでもヘイトを買っているカードがパイオニアで適正なわけがなく。ただ今のところトップメタになると思っていたスゥルタイ系のデッキが鳴りを潜めており、(オーコに関しては)TOP8でシミックまたはティムール系で少し見るくらいなので一旦は大丈夫そう。

ただ来週いきなり禁止になっても特に驚かないです。

 

続いて《むかしむかし》

f:id:legendtamura0708:20191119113620p:plain

やはりピッチスペルはダメだった模様。スタンダードにおいてはオーコデッキ自体のパワーをさらに抑えるべく連帯責任で捕まったかなという印象。もちろんカードパワーは高いのは重々承知ですが。ただ《むかしむかし》に関しては今週パイオニアで禁止になるかと思ってたのでそういう意味では首の皮一枚で繋がったかと。上位デッキを眺めてもスタンダード以上の使用率と各プロも「強すぎる」とコメントしていることから今やパイオニアの禁止候補筆頭。

自分としては使うとしても60枚目とかに1枚挿しで使いたいくらいなのと《むかしむかし》という日本語名が好きじゃないので今週中には(日本語版は)手放したいと思ってます・・・がさすがにオーコと違って価格割れは必至ぽい。

英語名の《Once Upon a Time》は大好きなのでこちらは禁止になっても保管しておきます。

 

最後に《夏の帳》

 

f:id:legendtamura0708:20191112141846p:plain

先週パイオニアで禁止となり、来週の禁止改定は危険だと言われてましたが当然のごとくスタンダードでも禁止となりました。まぁ当然だよね。

さすがにオーコと帳禁止によりシミック系フードデッキの優位はだいぶ下がるでしょうからこれからのスタンダードがどうなってくか見ものです。自分的には青単テンポやシミックフラッシュみたいなデッキを相手にするのが嫌いなので増えるようなら逆にMTGAから遠ざかる可能性ありますが・・・。

 

 

以上3枚がスタンダードで禁止になりましたが個人的には

 

『4マナ以上または4/4以上のパワーカードに人権が戻ったこと』

 

『青のカウンターや黒の除去やハンデスに人権が戻ったこと』

 

がうれしいかなと思ってます。

前環境から《冒涜されたもの、ヤロク》が大好きでずっと使ってましたがオーコ環境では「場に出たターンに仕事できないこと」が明確に存在意義をなくしていたので悲しい気分でしたが今後は好きなだけ使えるとなるともう一回スタンダードのデッキを組んでみようかなと思います(ただし土地すべてパイオニアで使っているためスタンダードのデッキが作れない件)

 

f:id:legendtamura0708:20190927124426p:plain

あと小さなサプライズとしては連帯責任で禁止になると思っていた《金のガチョウ》が禁止を免れたことです。《楽園のドルイド》と合わせて3ターン目にニッサであったり、5マナのパワーカードにアクセスできる動きは残されているためこのラインを軸にもう一度構築したいですね。ヤロクと組み合わせても活きる性能!(強いとは言ってない)

 

スゥルタイ民的にオーコなき環境で使いたいカード5選

《冒涜されたもの、ヤロク》・・・一度使ったら癖になる麻薬的存在

《茨の騎兵》・・・オーコなき世界ではトップレアだった騎兵もいまや500円レアになってます。買い。

《朽ちゆくレギサウルス》・・・パイオニアのマッドネスデッキでラノエルから2ターン目に出すつもりでしたがスタンダードでもガチョウから同じ動きが?

《貪るトロールの王》・・・絶対に強いはずなんだ。俺の10枚在庫が火を噴く。

《肉儀場の叫び》・・・なんかサクリファイス系が調子に乗るみたいな話を聞いたのでもう一度サイドのお守りとして積み込む。3/3倒せないメリットが少し和らぐ。

 

 

そんなこんなでまた来週。たむら

【週刊パイオニア禁止改定】第1&第2禁止改定特別号『君と夏の帳、豊穣の力戦、ニッサの誓い、忘れない。10年後の8月また守護フェリダーが使えると信じて』

イオニアという新たなフォーマットが爆誕して盛り上がっていたところに、さらに毎週月曜日禁止改定を行うという公式からのヤバイ通達。

 

ただ個人的にはそれを聞いても

「とは言っても幾つかヤバイやつら一旦放置されてるけど毎週禁止出すようなことないでしょ」

「特に第一週から《守護フェリダー》禁止はあり得ない。だって最初からダメなことわかっているのだから」

「ウィザーズはパイオニアを過激なフォーマットとして保ちたいのではないか」

「あくまでこれはパイオニア爆誕するであろうコンボを抑えるための禁止改定だ」

 

なんて思っていましたが第一週から《守護フェリダー》は逝くわ、パイオニアでようやく居場所を見つけた《豊穣の力戦》は逝くわ、えっ?お前も?のノリで《ニッサの誓い》も逝くわ、で激動の一週間となりました。

もちろんまだまだ極悪な執行猶予中のカードはたくさんあるので第二週はどうなるのか、さすがに今度こそ一旦保留なのかと楽しみにしていたらまさかの《夏の帳》という。

 

これはBLOG更新しなきゃと思った”今”であります。

 

家庭の事情でスタンダードから若干足が遠のいていた私にとっては、思い出のカラデシュブロックをこれまで以上に”ずっと”楽しそうなフォーマットである“パイオニア”はぜひ盛り上がってほしいのであります。そんないちカジュアルプレイヤー目線で年末まで続く予定の禁止改定を語っていくのがこのシリーズとなります。

 

◆所感

まずは第一週から

 

《守護フェリダー》

f:id:legendtamura0708:20191112141153j:plain

これについては「だったら最初から禁止にしておけよ」という感想しかないです。

たしかにモダンでは禁止されてはいないので一旦は大丈夫かどうか試してみたかったという考えもあったのかと思います。が、日本限定のローカルフォーマットであるフロンティアを覗いてみればどうなるかは明らかだったようにも感じます。

資産的な話でいえば、自分は元々スタンダードで“コピーキャット”禁止後に《サヒーリ・ライ》を使うために安値で、何故か思い出?として《守護フェリダー》もストレージ価格で揃えていたこともありダメージは特になかったのですが、パイオニア開始からこの日までに急高騰したこれらのパーツを揃えてしまった人は本当に可哀そうだなと思っています。

ただ環境全体で見れば“コピーキャット”コンボがなくなったことで思考停止ままにこのデッキを使用する人が別のデッキに流れるのはいいことだと思っています。やっぱりいろんなデッキ見たいもんね(スタンダード?オーコ?何それ?)

 

次は《豊穣の力戦》

f:id:legendtamura0708:20191112141411p:plain

これについては「やりすぎた」でしょうか。

自分もスタンダードでこのカードをうまく使ったランプデッキ出来ないかなと思っていたのですが“信心”システムのあるテーロスブロックが使用可能なパイオニアではちょっとやりすぎちゃいましたね。実際に見たことはなかったのですがTL上で「2t目《世界を揺るがす者ニッサ》、3t目《絶え間ない飢餓、ウラモグ》」という文字列を見て禁止を納得しました。ただ自分としてはこんな感じでパイオニアというカードプールだからこそできるコンボデッキが誕生してくるのはめちゃくちゃ楽しみなので「先生の次回作にご期待ください」の気持ちです。

 

最後は《ニッサの誓い》

f:id:legendtamura0708:20191112141504j:plain

これについては「納得できるような、できないような」です。

タルキール覇王譚の有効色フェッチランド5種が最初から禁止となった背景にある「マルチカラーデッキの制限」という観点からみれば《ニッサの誓い》は限りなくブラックに近いグレーです。自分自身もケシスコンボ(4色)などで使おうと思っていたくらいだったので。

ただし上記2つと同時に禁止するのはさすがにやりすぎな気もしています(禁止候補だとしても)。“コピーキャット”コンボを早速4色にした功罪はあるもののまだ警告くらいでよかったのではないかと個人的には思っています。一旦は流してみて改めてどのデッキにもオーコやテフェリーをタッチする根源であるならば禁止にすればよかったかと。ニッサの誓いがあることで《龍神、ニコル・ボーラス》や《王神、ニコル・ボーラス》のようなマナ拘束の強いパワーカードが使える理由になったり、色は合わないけれどその能力は試してみたいクソPW(例えばサムトとかサムト)にチャンスが与えられたかもしれません。そのチャンスがもう閉ざされるというのも何かなと思ってしまったり。

てか、そもそも《ニッサの誓い》というかオーコとテフェリーが悪なのでは?←

 

 

そんなこんなで第一週からしっかり禁止告知されたことで今週の動向を皆が見守っていたわけであります。再投獄が目の前に迫っているカードも多々ある中で今週はまさかの《夏の帳》の単独禁止。理由としては「緑ベースのデッキがただでさえ強いうえにこのカードの存在がその他のミッドレンジやコントロールを駆逐しているから」です。

 

《夏の帳》

f:id:legendtamura0708:20191112141846p:plain

これについては「わかる(わかる)」って感じでした。

だってめちゃくちゃ強いもんね。これまで緑系のアグロやミッドレンジが怯えていた青のカウンター、黒のハンデスや単体除去。すべて緑1マナで解決してくれるんだから。しかもキャントリップついてるバグでしょ。

逆にそれら(カウンターや除去)を使う側からしたら緑1マナ立ってるときの「はいはい、夏の帳でしょ、はいキャストするよ、はい、やっぱりね、どうぞ」感は異常だったので。ただこの禁止についてはまだまだ極悪人がたくさんいる中での突然の禁止だったので、ウィザーズ的には「思考猶予犯も可能なら残しておきたい意向がある?」とあえてポジティブに考えてみたり。ただ来週18日に迫った「秋のスタンダード・シミック大禁止祭り」の禁止候補筆頭に名乗りを上げた形になるので必要以上に枚数を所持している身としては震えるのみです(昨日4枚買ってしまったw)

 

◆デッキ案

以上のことを踏まえてこれからどういったデッキを使うか、調整するか。

現在、作っているデッキ3種の報告です。

 

【黒緑親和】

これに関しては極めてベーシックなリストのままです。現状は《鋼の監視者》を4枚搭載したアーティファクトに寄せた形ですが、状況次第では《生皮収集家》や《樹皮革のトロール》あたりを試してみたり、緑ギアハルク多めにしてみて遊んでみようかと。直近だと《実験体》入りの鱗デッキが勝っておりメインで《思考囲い》や《致命的な一押し》が0枚だったの少し気になってます。禁止改定関連でいえばサイドの《夏の帳》が抜けますがこちら側が使う《思考囲い》が通しやすくなるほうが嬉しいかなと思ってます。

 

【スゥルタイミッドレンジ】

こちらも金魚で毎日リストを漁ってますが割とベーシックな形。今のところ《死儀礼のシャーマン》を試してますが個人的にはマナクリってよりかは1マナPWみたいな感じで動いてくれるのを期待してます。《金のガチョウ》を使えば使うほど好きになってます。ちなみにオーコは3枚です。

こちらもサイドの《夏の帳》が使えなくなりますが《思考囲い》《思考消去》や《致命的な一押し》その他各種カウンターが使いやすくなる分プラスと思ってます。 

除去の関係上、“コピーキャット”は最初から不利だったので禁止になって助かりました。

 

【青単ケシスコンボ】

元々はベーシックな4Cケシスコンボでしたが《ニッサの誓い》禁止により大幅に形を変えて試してます。墓地肥やし手段を《精励された発掘者》4枚だけでなく《水没した秘密》3枚追加して基本的には青または歴史的カードで固めてます。ケシスを出す手段としてはアグロ対策込みで《航海士のコンパス》4枚と青白ショック4、青黒ショック2にしてますが意外と困らないかなと(別プランでは万面相ラザーヴでコピー)。ただどうやっても最速4ターン目でのコンボスタートが限界なのでちょっと考えものです。

禁止改定の影響はないです(まだそこまでのレベルではないため)

 

◆次週予告

さてさて次週の予告ですが逮捕予想リスト載せておきます。

 

執行猶予中

《密輸人の回転翼機

《時を越えた探索》

《宝船の巡航》

 

指名手配(逃走中)

《運命のきずな》

 

大規模環境破壊罪

《王冠泥棒、オーコ》

 

 

ではよい一週間を。たむら